小規模個人再生の手続き事柄

小規模個人再生の手続き事柄

小規模個人再生を行うことが出来る個人については、いくつかの用事があります。

 

小規模個人再生ができる用事は下になります。

 

・自宅貸し出しを除いた債務総額が5000万円以下である
債務料金は貸金業者の請求する予算ではなく、利率確定法の利率で引き直した予算を言います。債務総額が5000万円未満なら該当する人が多いのではないでしょうか。

 

・継続的に収入を得る見込みがある企業
個人再生では原則として3時期、異例で5時期で債務を受け取り終わることを想定して手続きを行うことになります。先日に継続的に収益があることが必要です。勤め人やパートタイマーの他、年金生活者でも利用することが可能です。しかし生活支援受給者は利用することができないので注意が必要です。

 

上記のような用事をあらかじめ敢然と理解しておきましょう。

 

小規模個人再生の最低弁済規則単価とは

小規模個人再生の手続きでは債務に応じて最低弁済規則単価というものが設定されています。詰まり支払わなければいけない金額が法律で定められているということになります。

 

・債務総額が100万円以下の場合は⇒債務料金
・債務総額が100万円限り500万円以下の場合は⇒100万円
・債務総額が500万円限り1500万円以下の場合は⇒5分の1
・債務総額が1500万円限り3000万円以下の場合は⇒300万円
・債務総額が3000万円限り5000万円以下の場合は⇒10分の1

 

上記のような感じになります。

 

実際には上記の最低弁済規則単価と決定プラス確信の原則に基づいて、自己破産した場合に儲けを処分して債権者に配当されるであろう予算のいずれか多い方を支払うことになります。