給与所得者等個人再生手続き基準

給与所得者等個人再生手続きが利用できる人の容態としてあげられるのが、小規模個人再生手続きの対象になるための待遇に加えて「継続的年俸の移り変わり幅員が幼いと見込まれる」という待遇が追加されます。

 

こういう移り変わり幅員は経験2年間のクラス度の報酬の移り変わり幅員が20%内であることが必要になってきます。ただし、移り変わり幅員が20%を超えていても、その原因がキャリア者再採用の場合だとイレギュラーになるみたいです。

 

こうした意味では給与所得者等個人再生手続きはOLが主な対象になっているような、個人再生の手続きと言っていいかもしれないですね。

 

個人再生の手続き条件の中では一番恐ろしい手続きですが、OLなどの給料賃金者が対象になっていることを考えると当てはまる人も多いのではないでしょうか。

 

給与所得者等個人再生手続きの返済額とは

給与所得者等個人再生手続きでは債権者への決定総額について下記の3つの中で一番高い金額のものを支払うことになります。そんな意味では割と分かり易い手続きかもしれないですね。

 

・小規模個人再生でのお粗末返金ファクター総額

 

・小規模個人再生で説明した、清算本領証拠の考え方による自己破産した場合に財産を処分して債権者に配当されるであろうプライス

 

・借り入れ者の可加工賃金の2クラス取り分

 

ちなみに可加工賃金の計算方法は

 

可加工賃金=年俸−(税金+人前掛け金+ライフゲット費)になります。

 

こういう可処分賃金を算出する際に控除されるライフゲット費は最低限のライフのゲットを基準にしたプライスを参考にしています。そのため、扶養者が少なくて報酬の多い輩ほど可加工賃金が大きくなります。そのため多くのケースでは小規模個人再生を選択するよりも返済額が多くなってしまいます

 

また給料賃金者など甦生手続きは甦生戦術が認められなかった場合は7通年申立てができないです。

 

そのため一般的には給与所得者等個人再生手続きよりも小規模個人再生のほうが有益だと言えるかもしれないですね。