自己破産のデメリット

自己破産のデメリット

自己破産にデメリットがあるのは余裕話です。

 

自己破産は膨大な借金が出来てしまった場合に、借金を解消にできる債務整理手続きになっており、非常に強力債務整理技術になります。借金がなくなるのは大きなメリットですが、デメリットも存在します。

 

自己破産は借金がゼロになるという究極の技術なので、こんな簡単に借金をしている輩が自己破産してしまっては経済業者は生業ができないので、ある程度のデメリットがないと自己破産だらけになってしまいます。

 

では具体的にどようなデメリットが自己破産にはあるのでしょうか?

 

自己破産オデメリットを知ろう!

自己破産では稼ぎの処置が自由にできなくなること以外にもいくつかのデメリットが存在します。

 

そうはいっても基本的には破綻前とおんなじ生活を送ることができるのでそこまで心配する必要はないです。

 

以下で具体的なデメリットを載せているので参考にしてください。

 

いくつかの免許条件が課せられる

自己破産を行うといくつかの職業に就けなくなるデメリットがあります。具体的には弁護士や承認会計士、気楽利子、税理士、裁判所書士、不動産査定士、大地屋敷把握士、質屋、古物商、世間保険労務士、宅地屋敷売り買い業者、警備業者や警備員、人事委員の人事官等いくつかの職業には就けなくなるので知っておきましょう。ちなみに医師や公務員、学園人員は自己破産しても煽りがないので安心してください。また免責認可が決定されると条件は解除されます。

 

自己破産すると官報に掲載される

自己破産すると政府のCMマガジンの「官報」に呼称やエリアが記録されます。とは言ってもおそらくほとんどの人が官報は見てないので、自己破産をしたとしても移りの輩に知られる危惧は少ないです。

 

破綻者名簿と現状ライセンスに記載される

自己破産すると本籍先の市区町村役場の破綻者名簿と現状ライセンスに記載されます。ただこれはパターン秘密になっているだけでなく、免責認可が確定されるとカットされるのでそこまで心配しなくても大丈夫です。

 

プライバシーがブラックリストに掲載される

自己破産すると各金融機関が参加するたよりニュース機構のプライバシーに大難取り扱いのブラックリストとなります。新作負債や借金、クレジットカード支出が7クラスくらいできなくなるので注意しましょう。誤解している輩もいるのですが、ブラックリストは徹頭徹尾民間のものでオフィシャルにはブラックリストの影響はないので安心してください。ブラックリストに掲載されるとパスポートが取れないなどのことはないので取り違えしないようにしましょう。

 

こうして見るとそこまで多くのデメリットがある訳ではないのが分かると思います。基本的には自己破産の免責が決定されると多くのデメリットが解除されるので深刻になることはないと思います。

 

一番大きなデメリットはブラックリストへの記録ですが、これもで7クラスくらいの年月日付属なので致命的なデメリットにはならないです。自己破産を行う前にはこういったデメリットも敢然と理解してから行うようにしましょう。